YOGA POSE

日本語名

4.魚のポーズ

サンスクリット語名

マツヤアサナ

仰向けになって両脚を揃え、両腕の肘を曲げずにできるだけ近づけて体の下に敷く。手の平は床向きに。

肘で床を押すようにして、息を吸いながら背中を弓なりにするように頭を大きく後ろへ、喉をひらき、頭頂を床に軽く触れる程度に下ろす。胸の下に床から空間ができるように胸と喉を大きくひらき、深い呼吸で1分程度保つ。
※肩立ちのポーズと対称のポーズであり、いつも肩立ちのポーズの後に行い、肩立ちの半分の時間ポーズを保って、ストレッチのバランスを取ること。


ポーズの効果 
・首と肩の筋肉のこりをほぐし、丸まりがちな肩の姿勢を正す。
・首と背中の神経をととのえるので、肩立ちの効果が甲状腺と副甲状腺に最大限に浸透する。
・胸郭をいっぱいに広げるので深い呼吸を助け、肺活量を高める。

その他のヨガポーズ

ポーズ一覧に戻る