YOGA POSE

日本語名

7.バッタのポーズ

サンスクリット語名

シャラバアサナ

うつ伏せになり、両腕の肘を曲げずに体の下に敷き、手のひらは床に向けるか両指をつなぐ。両肘の間隔をなるべく狭くする。あごはできるだけ前に突き出して床におろす。

吸う息で両手をてこにして右脚を上げ数呼吸し、吐きながら脚を下ろす。左も同様に。腰が左右にねじれないようにする。(半分のバッタのポーズ)

深い呼吸を2回し、3回目を吸ったら息を止めて両脚を振り上げ、5呼吸保ち、息を吐きながらポーズをとく。


ポーズの効果 
・腹部、背中の下の方、脚を強化する。
・内臓をマッサージし、消化機能を活発にし、胃の異常や腹の張りを治して便秘を予防する。
・背骨を柔軟にし、仙椎、腰椎周辺の痛みをとりのぞく。
・膀胱や前立腺の疾患にもよい。

その他のヨガポーズ

ポーズ一覧に戻る