YOGA POSE

日本語名

ラクダのポーズ

サンスクリット語名

ウシュトラ・アーサナ

ラクダのポーズ2.jpg
▲ ラクダのポーズ(バリエーション)


 腰幅に足を開く。
 手を腰にあて骨盤から上体を引き上げ胸を開く。
 尾骨を内側へたくしこんで腿の前面を長く伸ばし背中を反らせ両手を足のカカトにおく(腹筋を腰椎に向けて引っ込める。腰が守られ上体をいっそう開くことが出来る)。
 左右の腰を前に押し出し腿を床と垂直に立てる(骨盤を膝の真上)。
 首は緊張させず頭を後ろに倒す(首をすくめない)。
 肩甲骨を引き寄せ持ち上げる。


ポーズの効果 
エネルギッシュになる。肩をほぐす。胸を開き、腰の柔軟性を高める。
猫背を改善。背骨の弾力性を取り戻す。心肺機能が増大。

その他のヨガポーズ

ポーズ一覧に戻る