YOGA POSE

日本語名

猿神のポーズ

サンスクリット語名

ハヌマーン・アーサナ

 足を出来るだけ真っ直ぐに伸ばしカカトを滑らして前後に開脚していく。
 左右の腰を調整して骨盤を立て腰が正面を向くようにする。
 両足が真っ直ぐになったら床に腰を下ろす。
 前足先フレックス。後ろの足先は甲を床につけ足指を伸ばす。
*足が床に全然つかない人は、ブロックを左右の手において中心軸をずらさないように
出来るとこまで足をひらく。また床から10~20センチでつきそうな人は腿の下にブロックをおいて
体重をそのブロックで支えるようにすると良い。余裕があれば手を天井にあげる。
 反対側も行う。


ポーズの効果 
神経が静まる。

その他のヨガポーズ

ポーズ一覧に戻る