YOGA POSE

日本語名

半らせんのねじり

サンスクリット語名

アルダ・マッチェンドラ・アーサナ

半らせんのねじり2.jpg


 片方の足を曲げ、伸ばしてる足の外側に膝を立てたままつく。
 もう片方の足をまげ、膝を立ててる方の足のお尻の横へおく(お尻の下にカカトが入らないように注意)。
 座骨を均等にたてる。
 立ててる足の裏で大地を踏みしめる(足裏を浮かせない)。
 曲げて寝かせている足側の手を、立ててる足の腿外側へ置く。肘と膝で押し合うことが重要。
 反対の手はお尻の後ろへつく。
 肩を落としリラックスさせる。
 息を吸って背筋を伸ばし、吐きながら上体を後方へねじる。
 息を吸って正面を向き、吐いて手足を解放する。
 反対側も行う。


*圧迫や怪我をさけるための3点。。。 
背骨を伸ばし、身体の内側からツイストを加え、呼吸を忘れないこと


ポーズの効果 
内臓のマッサージ、健康を維持する機能の促進。
消化、排泄の促進、肝臓、腎臓を刺激、背骨にエネルギーを与える。
バランスを調える、気分爽快、神経を静める。

その他のヨガポーズ

ポーズ一覧に戻る