YOGA POSE

日本語名

立位の脇ストレッチ

サンスクリット語名

パールシュヴァコーナ・アーサナ

 脚を大きく開く。
 前の足のカカトが後ろの足の土踏まずと一直線。
 前足90度(親指正面)、後ろの足は斜め45度(親指を内側に向ける)。
 吐きながら前の膝を90度直角に曲げ、前足と同じ側の手を前足の横につく。出来るだけ体重をかけない(軽減法:手を床につく代わりに、肘を膝の上にのせる。またはブロックを使う)。
 反対側の二の腕は耳の横。
 カカトの真上に膝(カカトより膝は前に出ない。膝を痛める可能性があるので要注意)。
 腿を床と平行に。
 前足の横に手が来て手と足で押し合う。
 上体を傾け胸、腹を天に向ける。
 カカトと指先までが斜め一直線。カカトが浮き上がらないように地面を踏みしめる。
 反対側も行う。


ポーズの効果 
ももの力を強化。
脇腹から腕の付け根を柔軟にさせる。

その他のヨガポーズ

ポーズ一覧に戻る