YOGA POSE

日本語名

座位の前屈

サンスクリット語名

パシュチモッタ−ナ・アーサナ

 体重が座骨の全面のヘリにかかるようにする。
 息を吸って背筋を伸ばす、息を吐きなながら上体を前に倒す。
 脚の親指か側面を掴むか、脚の裏に回した手首を掴む(ブロックを足裏前において持っても良い。持てない人は膝を曲げ胸を腿にのせる。腿か向こうずねをつかむ)。
 背中は丸めない。
 簡単に足が手に届くようなら肘を曲げ、息を吐きながら、額を膝につけさらに深く前屈。
 胸を腿に近づけられない場合は、頭を下げることはせず、頸椎が背骨と一直線になるように!
 肩は耳から離す。

*注意:
股関節から身体を倒すことで腰を守る。
腿の前の筋肉を強く使って腿の後ろを緩めることで、腿の後ろを痛めやすいのを守る。


ポーズの効果 
神経が静まる、内臓の調子を整える、身体のだるさを取り除く、性的不能を改善。

その他のヨガポーズ

ポーズ一覧に戻る