YOGA POSE

日本語名

牛の顔のポーズ

サンスクリット語名

ゴームカ・アーサナ

 膝と膝を中央で重ねる。足の側面を床。
 左右の座骨に均等に体重をかける。骨盤と左右のカカトの距離は均等に
手を上からと下からと回し指をフックする(手がフックできない人は両手でベルトをつかみ徐々に手を近づける)。
 その時肋骨が前に出ない。肋骨を胴体内側に引き入れる。
 上の手、肘を後方にずらしてから身体の中心線の方へ寄せ頭の後ろに持ってくる。
 腕は頭の横に引き上げる、脇の下を開く(上腕三等筋、胸を開く)。
 胸は持ち上げる。
 反対側も行う。


ポーズの効果 
意識が中心集まる。股関節と脚、肩が柔らかくなる。
座骨神経痛、軽い腰痛、冷え性、肩こり、ヒップ、二の腕の引き締め。

その他のヨガポーズ

ポーズ一覧に戻る