YOGA POSE

日本語名

下を向いた犬

サンスクリット語名

アド・ムカ・シュヴァーナ・アーサナ

 両手は肩幅に開き、5本指は出来るだけ大きくひらく。手のひらの土踏まずを引き上げる旋。
 中指は正面、人差し指の付け根、親指の付け根、小指の付け根、小指側の手首の付け根の四点に均等に重心を下ろす。
 二の腕上腕は外旋回、肘からした前腕は内旋。
 頭頂からかかとまで一直線(バンダをきかせお腹が下がったり、お尻が上がったりしない)。
 膝を伸ばしカカトを床へ(床にカカトがつかない人は膝を曲げて頭頂~尾骨までが一直線。肩を前に出さない)。
 手、足均等に体重をかける。


ポーズの効果 
全身を強化する。気分爽快、肩胛骨周辺のこりを和らげる、肩の関節炎を治す。

その他のヨガポーズ

ポーズ一覧に戻る