12.27Thu / 2012

ピラティスの呼吸

ピラティスにおいて、独自の呼吸法が大切になってきます。
鼻で息を吸い、肋骨の背中側を膨らませ、鼻で空気を吸い込んでいきます。
お腹を引き寄せるようにお腹を引っ込めます。その状態を保ちながら、静かに息を吐き出していきます。
これがピラティスの呼吸法になります。
この方法を正しく行いますと、横隔膜が上下するようになります。
他の筋肉、コアも働きます。
呼吸することで、体の奥の筋肉をつかうことになるのです。
肩に力がはいるような呼吸を繰り返してますと、腹筋群がつかわれなくなり、横隔膜の動きも弱くなります。
呼吸をおろそかにし、エクササイズをしても効果が得られません。無駄なエネルギーをつかうことになります。
ピラティスにおいて深く充実した呼吸は、コア、エクササイズをする為に必要不可欠なのです。
体内の新陳代謝を高めることにもなります。
心も体もリラックスし、集中力も増してきます。
呼吸の長さは自分のペースでやりやすいようにすれば大丈夫です。
エクササイズのリズムもです。
まずは、呼吸の仕方をゆっくり、しっかりと身につけることです。

前のページに戻る