【ヨガ教室】ヨガで精神統一を!メンタルに与える影響とは

02389bfc4a1d4adbe6350e3baf811506_s.jpg


ヨガを行うと心が落ち着く、リラックスする、余裕ができる、といった声が多く、ストレスの緩和につながると言われています。精神的につらい人やストレスを感じている人は、ヨガを始めてみてはいかがでしょうか。その理由をご紹介します!


■ ヨガをすることでメンタルにはこんな影響が


瞑想や呼吸法、さらに疲労回復効果や血行がよくなるポーズを行うことで、体の疲れが癒やされ、リラックスすることができます。イライラした気持ちや不安なども落ち着くのです。
また、ヨガは自律神経をコントロールでき、心の安定を与えてくれると言われています。続けていくことで、ストレスに強い心を持つことができるようになるのです。
自分と向き合うという時間を大切にすることで、自分の心を理解しメンタルな部分を強くしていけるのも、ヨガの魅力なのです。


■ 正しい呼吸法を身につけよう


ヨガの呼吸法にはいくつか種類がありますが、基本は「腹式呼吸」です。
腹式呼吸は空気をお腹に溜め込み、そこから腹筋を使って吐き出す呼吸の仕方。


腹式呼吸では、以下のように息を吐いて吸います。


背筋を伸ばして立ち、または背筋が伸ばせるイスに座ります。
へその下に手のひらを当てます。
息を鼻からへその下の手のひらに届けるように、ゆっくりと吸います。
息を吸うと共にお腹が膨らむので、膨らんでいるのを手のひらで実感してください。
息を吸ったら脱力し、鼻からゆっくりとはき出していきます。
このとき、お腹を凹まさずに、息が自然に出て行くのに任せます。
これらの一連の流れが、腹式呼吸の息の吸い方と吐き方です。


息を吐くときは、脱力感があるので、とても心地よく感じます。


息を吐くときは苦しくなるまで吐かずに、ちょうど良いところで止めて、再度ゆっくりと息を吸っていきます。

口から吐くのが呼吸では一般的ですが、鼻から吐く方が効果的です。

ただし口で呼吸する方が楽であれば口でも構いません。

1回の呼吸では15秒から20秒程度が1サイクルであり、5から10サイクルが腹式呼吸の連続での目安です。


■ 精神安定に効くヨガのポーズ


山のポーズ


正しい姿勢で立ち、ゆっくりと深い呼吸をしながら平衡感覚を鍛えるポーズです。
平衡感覚を鍛えることが精神安定につながります。


太陽礼拝


太陽への感謝の気持ちを表すポーズです。
呼吸に合わせてポーズを取ることで、体がゆっくりと温まり心と体が眠りからスッキリと目覚めることができます。


チャイルドポーズ


ヨガのポーズとポーズの間などに、休憩の意味を込めて行うポーズでもあります。体も心もリラックスできるポーズです。


スパインツイスト


腰や背中は常に緊張している状態です。
そこを刺激し伸ばしてあげることで、体もほぐれ精神的にも落ち着くのです。


三角のポーズ


足先から指先までを伸ばすポーズで、血液とリンパの流れをよくします。
さまざまな筋肉を伸ばすことで、体中に酸素が行き渡り、心も落ち着いてきます。


■ メンタルが安定することで体にもいい!


呼吸を繰り返しながらポーズを取っていくヨガは、体の血行をよくして疲労回復の効果があるといわれています。
筋肉がほぐれ、血流が良くなることで体も楽になり、リラックスできるのです。


肩や首、腰などのコリが改善され、足や腕などの疲れが取れることは、体だけでなく、気持ちもゆったりと落ち着けてくれます。
ゆっくりと深い呼吸をすることと、体を伸ばしたり、縮めたりすることで便秘の解消にもなります。
便秘はイライラしたりストレスの原因になったりしますから、それが改善されることも、精神が安定しやすくなるのです。


-終わりに
いかがでしたか?今回はヨガがメンタルに与える影響と効果などについて解説しました。
ぜひヨガを通じて自分と向き合って、肉体だけでなく精神にも深い落ち着きをもたらしましょう。