Ayana
NAME
Ayana
GENRE
ピラティス

MESSAGE & MOVIE

イギリスでは、ピラティスをスポー
ツ選手、バレエダンサーはもちろん、医学的にも使われているエクササイズです。
イギリス人のオリンピック選手は、ピラティスをこの前のロンドンオリンピックでウォームアップや怪我の予防、疲労回復、そしてパフォーマンスアップに活用しました。
英国貴族の方々は、ピラティスを取り入れ健康を保っています。
例えば、英国のプリンセス、ケイトさんは結婚前や出産前後、そして今もピラティスを行って彼女の身体の健康やスタイルを維持しています。私は、ありがたい事にこのような方々にピラティスを教えている先生の元でピラティスを学ぶ事が出来ました。その教えを日本の
皆様に伝え、理解して頂き少しでもピラティスを使い普段の生活から、皆さんの健康維持とお持ちの目標の達成のお手伝いをいたします。


PROFILE

2000 年に青葉ジャパンインターナショナルスクール卒業 
2003年に英国セントラルバレエスクール卒業。 
2003年に英国ノーザンバレエ団入団ソリストとして、数々の作品に主演しました。くるみ割り人形 (クララ、金平糖); 蝶々夫人(蝶々さん); 危険な関係(セシル); 嵐が丘(キャシーの子供時代); ピーターパン(ウェンディー) クリスマスキャロル(ゴーストパスト)などなど.
海外公演、ガラ公演にも招待、
ヨーロッパのバレエ雑誌の表紙も飾った
2013年ノーザンバレエ団退団(10年間英国ノーザンバレエ団で踊った).
2013年に英国ボディコントロールピラティスで、英国公認Level 3 のピラティスインストラクターの免許取得。(日本ではまだ3人しかこの免許を持っていない).
2013年7月に、スタジオヨギが主催する英国ボディコントロールピラティスのウォークショップでアシスタントを務めた。
アピールポイント海外での沢山の経験、英語でバレエもピラティスも教えられる。

LESSON

都立大校 2Ast

(月)18:30〜19:40

ピラティス